【看護師や助産師の働き方や違いとは!?】資格やお給料、必要なスキルまで徹底解説!

この記事はプロモーションを含みます。

看護師や助産師は、資格取得や専門知識の難しさ、命を守る緊張感やストレスなど大変なお仕事ですよね。

また、不規則なシフトや日々の学びなど、お仕事以外の部分でも大変なことが多いです。

ですが、シビアな現場だからこそ看護師や助産師しか経験できない、人に感謝され社会に貢献できるやりがいもありますよね!

この記事では、命の現場で働く看護師や助産師のお仕事や違い、やりがいについてまとめました。

この記事でわかること
  • 看護師と助産師の違いや働き方
  • キャリアアップを目指す方法や具体例
  • 理想の看護師・助産師求人の探し方

看護師や助産師として働いている方、これから目指したい方へ向けて書いています。

看護師や助産師の方たちの今後のヒントや不安・悩みの解決になれれば幸いです♪

この記事を書いた「てんこ」です!

看護師歴10年以上の現役看護師
看護師転職歴は4回
転職で「残業ほぼなし」「手取り30万円以上」の職場に出会う
看護師さんが看護師転職に失敗しないための有益な情報を発信中!

看護師と助産師になるために必要な知識や道のりとは

看護師と助産師になるために必要な知識や道のりって?

看護師や助産師になるには、専門知識やスキルの学習はもちろんですが、人間性や献身的なケア・姿勢も大切です。

ここでは、看護師や助産師を目指す方へ必要な過程や資格についてまとめました。

看護師や助産師になるための一歩
  • 必要な学習過程や学歴
  • 取得するべき資格
  • 現場で求められるスキル

これらは看護師や助産師になるための大切な一歩になる部分ですね!

【看護師や助産師になるために】看護師になるためには?

看護師になるには、どんな学校を選んで、資格が必要で、準備をすればいいのか知っていますか?

ここでは看護師になるために必要な過程や資格についてまとめました。

看護師になるには、みんなここから始まります。

あなたがなりたい看護師としてのキャリアが良いものになるように頑張りましょう!

看護師になるために必要な学歴と資格

看護師になるには、看護学校、看護専門学校、大学の看護学部で勉強して、国家資格に合格しないといけません。

3年から4年間で、座学から実技など看護師になるためのカリキュラムが組まれています。

また、看護学生時代には実際の医療現場での臨床実習もあります。

国家資格を受けるには、学校での試験と臨床実習を合格しないと受けられません。

これらの過程を全部合格して、初めて看護師として医療現場で働けるようになります。

看護師になるために看護学部で学ぶこと

看護学部では、患者さんに対して質の高い看護処置、ケアができるための学びがあります。

医療の基礎知識から看護技術、コミュニケーション力まで幅広い知識と技術を学びます。

具体的に学ぶ内容は以下があります。

看護学部で学ぶ内容
  • 人体の構造や機能
  • 健康と病気に関する基礎科学
  • 看護理論
  • 臨床看護技術
  • 心理学
  • 社会学
    etc

これらの学びを臨床実習を通して、看護師として必要な実践力や対応力、判断力を高めていきます。

看護学部での学びは、看護師としての基礎だけでなく、専門的な知識や技術、患者さん一人ひとりに寄り添う心を育む大切なステップです。

【看護師や助産師になるために】助産師になるためのステップ

助産師になるには、看護師と同じく助産師国家試験に合格する必要があります。

ですが助産師国家試験を受けるには、まず看護師国家試験に合格して、看護師資格を取得しないといけません。

その後に、1~2年制の助産師養成校で助産師過程を修了する必要があります。

つまり、助産師は助産師国家資格と看護師国家資格のダブルライセンスが必要ということです!

助産師は、家族の人生のスタートに携われる貴重なお仕事なので、ぜひ頑張ってほしいです♪

助産師になるために助産学専攻の選び方

助産師になるには、助産学が学べる学校や学部を選びましょう。

看護学部の中でも、助産学専門のコースや、助産学校、助産教育がある大学など学べる機関で勉強します。

また、助産専攻学を選ぶときには、将来機にどんな助産師になりたいのかもハッキリさせておきましょう。

  • 特定の医療機関で専門的な知識を深めたい
  • 地域医療に貢献したい
  • 助産師を経験したあと、教育系などにも関わりたい

あなたの助産師としての将来的な目標も、教育機関を選ぶときには大切になりますよ!

助産師になるための資格取得までのプロセス

助産資格と取得するには、助産学校の教育課程の修了と臨床実習の合格が必要です。

助産師の臨床実習では、以下の実践的な経験を積みます。

助産師の臨床実習
  • 妊娠中の女性の出産から産後ケア
  • 必要な技術と知識のアップデート
  • 患者さんや家族さんへの理解や対応

これらの経験は、助産師として働くうえで一生大切になるものですね。

全教育課程に合格したら助産師としての国家試験の受験資格がもらえます。

助産師の国家試験の内容は、助産師としての専門知識や技術や倫理観を問うものです。

無事に国家試験に合格すれば、各医療機関で助産師として働けるようになります!

看護師と助産師のお仕事内容とキャリアについて

看護師と助産師のお仕事内容とキャリアについて

看護師と助産師は、患者さんや家族に寄り添って命を支えるお仕事です。

ここでは、看護師や助産師が日々どんな業務をしているのか、どんな経験やスキルを積んでいるのかをまとめました。

看護師や助産師の病院やクリニックでの役割や、チーム医療における役目などを解説しています。

あなたが今後、看護師や助産師として働くうえでのイメージやキャリアについてヒントがありますよ!

【看護師と助産師の働き方】看護師の日常とは

看護師は、患者さんの急変や急患対応など予測不能な事態やリスクがありつつも、それらに対し命を支えるためのやりがいの大きいお仕事です。

そのため、看護師は高い専門知識・技術と忍耐力や精神力も必要ですよね。

ここでは、看護師が日々直面する現場や、具体的な業務内容、チーム医療の役割などをまとめました。

また、看護師の一日のルーティーンや、実際の私の体験談なども一緒にお伝えします!

看護師の医療従事者としての役割や、それがどれだけ患者さんの救いになっているかが実感できますよ。

看護師の病院・クリニックでの役割

看護師は、患者さんのケアを中心に幅広い業務に関わっています。

また、看護師は患者さんや家族の精神的なサポートも大切な役割です。

看護師の具体的な業務内容には以下があります。

看護師の具体的な業務内容
  • 患者のバイタルサインのチェック
  • 薬の管理と投与
  • 医療処置の補助
  • 患者や家族への健康指導や相談
    etc

ですが患者さんによって状態や、処置の方法、家族への指導内容が違います。

そのため看護師は医師の指示に応じて処置対応、患者一人ひとりに対する看護計画の立案も行います。

この看護計画の立案には以下のプロセスが必要です。

看護計画立案のプロセス
患者さんの状態観察
↓↑
評価

↓↑
介入
↓↑
評価

看護師は日々、看護計画の立案と見直しをしながら患者さんに最適な処置をするために対応しています。

このように看護師は、日々患者さんと家族に向き合って安心して入院・治療が受けられるための努力をしているお仕事です!

看護師の医療チーム内での役割や動き方

看護師は、医師、薬剤師、栄養士、リハビリテーションスタッフなどと協力しながら患者さんのケアを行います。

医療チームでの取り組みは、患者さんの最適なケアをするのに大切なものです。

看護師が患者さんの状態やニーズを伝えることで、医療チームの中でもコミュニケーションのきっかけになります。

この医療チームでの取り組みは、各専門職のプロが一緒になることで患者さんファーストのケアを実現するためのものです。

看護師が患者さんの日々の状態を伝えてくれることで、患者さんの満足度や安心感の向上、治療効果の最大化、効率的な医療処置の提供に貢献しています!

【看護師と助産師の働き方】助産師としての役割について

助産師は、新しい命の誕生に立ち会うことのイメージが大きいお仕事でもあります。

ですが、それ以上に助産師には妊娠中の女性、出産、産後のケアを通して家族全体をサポートする大切な役割があるんです。

ここでは、助産師が背負う責任の大きさと、それを支える専門知識と技術についてまとめました。

実際の出産支援、患者さんのケア、教育の重要性や家族との関わり方についても解説しています!

看護師とはまた違う助産師としての喜びや難しさがわかりますよ。

助産師としての実際の出産支援について

助産師は、妊娠、出産、産後の女性と家族のケアをするお仕事です。

助産師が行う出産支援には以下の役割があります。

出産支援のケアの役割
  • 妊婦の健康管理
  • 出産時のサポート
  • 産後ケア

妊婦さんの体調は急変しやすかったり、いつ陣痛が起こったりわからないので、常に目を見張っていないといけません。

ですがこれらの助産師の役割は、妊婦さんが安心・安全で自然な出産をサポートするものですよね。

また、助産師が出産に立ち会うまでの業務の流れは以下になります。

出産に立ち会うまでの業務の流れ
  • 妊婦さんの健康相談
  • 出産計画の立案・見直し
  • 出産時のサポート
  • 産後の母体や出生時のケア
  • 家族への教育・健康指導

助産師は、母子の健康と安全を守るための大きな役割と責任がありますが、それ以上に新しい命に出会える喜びが経験できるお仕事ですね♪

助産師としての患者ケアと教育の必要性とは

助産師は、妊婦さんやその家族への教育指導も大切なお仕事です。

妊娠、出産、育児に関する知識などをアドバイスすることで、退院後も健康的で安心した生活ができるようにお手伝いします。

そのアドバイスの内容は以下があります。

助産師がするアドバイスの内容
  • 妊娠中の栄養管理・指導
  • 運動方法
  • マッサージなどのリラックス方法
  • 授乳の仕方
  • 新生児の世話や注意すること

このように、助産師は出産前から出産後まで家族が安心して生活できるように幅広い知識が必要ですね。

助産師が行う教育指導は、妊婦さんや家族の自立、安心して新しい生活がスタートができるための支えになります。

助産師として大切なことは、医療的ケアだけでなく、家族全員のその後の生活が、健康で幸せな生活が送れるためのケアや支援をするということですね♪

【看護師と助産師のお給料の違い】平均年収を比べてみました!

看護師と助産師の平均年収はこちら

ここでは、看護師と助産師のお給料の内容や違いについてまとめました。

下記は、厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」による助産師と看護師の給料です。

※年収=月給×12+賞与

助産師 看護師
平均年齢(歳) 37.1 41.2
勤続年数(年) 7.5 9.2
月給 38.7万円 34.4万円
賞与 88.7万円 85.4万円
年収※ 553.1万円 498.2万円

参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

お給料では、看護師に比べて助産師の年収が約50万円ほど多いです。

なぜ助産師の方が多いのかや、お給料アップの方法はあるのかについて解説します!

看護師と助産師の特徴などもふまえてお伝えしますね。

【看護師と助産師のお金事情】看護師の場合

看護師がお給料アップを目指すには、看護師長などの管理職や、認定・専門看護師などの資格を取ることでの手当てが一般的です。

ですが、役職についたり資格を取ることは難しくて現実的ではないですよね。

そんな看護師さんが手っ取り早くお給料アップを目指すなら、看護師転職サイトを利用した転職一択です!

私も過去に4回の看護師転職をしましたが、合計で10万以上のお給料アップができました♪

今の職場の待遇面に不安がある看護師さんは、無料で利用できる看護師転職サイトのアドバイザーにお話を聞いてみてね。

>>>わたしがおすすめする看護師転職サイト10選はこちら!

【看護師と助産師のお金事情】助産師の場合

看護師に比べて助産師のほうがお給料が高いのかについて解説します。

結論、助産師は看護師免許も持っているので看護師よりもお高めの給料設定や、助産師の手当てがつく施設が多いからです!

また、助産師ならではの手当てがあるんですがそれがこちらです。

助産師ならではの手当て
  • 分娩介助手当て
  • 出産オンコール待機手当て

また助産師は働く施設によってもお給料が変わります。

施設の規模が小さいほどお給料が高くなる傾向があり、反対に総合病院や国立病院だと法律でお給料が決められてしまっています。

施設規模が小さい施設は、クリニックや民間病院があります。

お給料が高くなりやすい理由は、少ないスタッフで業務を回すので、人手不足の解消目的もあるんです。

【看護師や助産師として働く方へ】働き方やお仕事内容についてのまとめ

看護師や助産師として働くみなさんへ

看護師も助産師も医療現場で命をあずかる大きな責任と使命があるお仕事です。

どっちも高い専門スキルと深い専門教育が必要で、誰でも簡単にできるものではないです。

看護師になるには、看護学校や大学の看護学部で学んで国家資格に合格しないといけません。

助産師は、看護師資格を所得したあとに、助産学専攻を修了して、国家試験に合格するという難易度が高いものです。

看護師や助産師とも、技術的なケアだけでなく患者さんや家族に寄り添う姿勢や多くのニーズに応える対応力も大切です。

同じ資格を持つ医療職でも、分野やケアの方法など色々と違う特徴があります。

この記事が、看護師と助産師についての理解が深まるものであると幸いです♪

【看護師や助産師の求人を探すなら】看護師転職サイトを使ってみよう!

看護師と助産師の求人は看護師転職サイトがおすすめ

看護師求人や助産師求人を探すなら、看護師転職サイトだとあなたの希望条件に合う求人が見つかりやすいです!

理由は、看護師転職サイトには以下のメリットがあるからです。

なぜ、看護師転職をするのに看護師転職サイトを利用するのがいいのか解説します!

あなたの看護師転職が成功することを祈っています♪

看護師求人が何万~何十万件と多い

看護師転職サイトは、看護師さんの転職を専門としているので看護師求人が何万~何十万件と豊富にあります。

そのため、看護師として転職をされる方は、あなたの希望条件に合う働き方や職場が見つかりやすいんです♪

ですが、注意点として助産師求人は大手看護師転職サイトでも求人数が少ないんです。

以下は、看護師業界で有名な看護師転職サイトにある助産師求人数がこちらです。

看護roo!(看護ルー) マイナビ看護師 レバウェル看護
助産師求人数 約1065件 約129件 約963件

このように、一つの看護師転職サイトだけだとあなたにぴったりの助産師求人が見つかりにくい可能性があります。

そこで、わたしがおすすめする助産師求人の探し方は、2~3個の看護師転職サイトに登録してアドバイザーに紹介してもらう方法です!

調べられる看護師転職サイトと求人数が多いほど、理想の職場に転職できるチャンスも高くなるということですね!

アドバイザーが条件に合う求人を紹介

看護師転職サイトに登録すると、担当アドバイザーがあなたに変わって、希望条件に合う看護師求人を探してくれます。

何万件とある看護師求人の中から一人で探すとなると、とても大変な作業です。

ですが、看護師転職サイトではあなたの希望条件をヒアリングしたアドバイザーが、おすすめの看護師求人を見つけて提案してくれるんです!

あなたは、お仕事で忙しくてもただ待っているだけでOKなんですよ♪

完全無料で面倒な作業も全てサポート

看護師転職サイトへの登録は完全無料です。

ですが、看護師転職サイトのアドバイザーは転職開始から入職、アフタフォローまで全てサポートしてくれます!

看護師転職サイトのアドバイザーがサポートしてくれる内容は以下があります。

アドバイザーのサポート内容
  • 希望条件に合う看護師求人の紹介
  • 履歴書添削や面接対策のお手伝い
  • 転職先の内部情報が事前に知れる
  • 転職先との給与・働き方の条件交渉
  • 転職後のトラブル対応などのフォロー

ハローワークなどと違って、看護師転職サイトでは転職のプロがパートナーになってくれて、あなたの変わりに全てサポートしてくれます。

事前に転職先の内部情報がわかれば、転職後のミスマッチもなくせますよね!

このように、看護師転職サイトでは、利用する方の負担を減らしながら、看護師転職が成功するためのサポートが盛り沢山ですよ♪

実際に転職をした人のリアルな声が知れる

看護師転職サイトには、実際に転職をした看護師さんの評価や口コミも知れるんです。

リアルな評判や転職後の声は、ネットにはない貴重な情報ですし、信頼性も大きいです!

きっとあなたが助産師へ転職するときのヒントにもなります。

看護師転職サイトに登録しないと知れない情報なので、この機会にぜひ参考にしてみてね♪

転職せずに、看護師求人を探すだけでもOK

看護師転職サイトは、看護師転職をする予定がなくても登録しても大丈夫です!

また、以下の目的でも看護師転職サイトは利用できます。

看護師転職サイトの使い方
  • どんな看護師求人があるのか調べたい
  • アドバイザーに看護師転職の相談をしたい
  • 看護師転職をした看護師さんの声を聞きたい

看護師転職サイトは登録も退会も無料なので、「今は、看護師転職に興味がないけど、とりあえず情報だけ集めておきたい」という方でも、お試し感覚で使ってみてね♪

そこで、わたしがこれまで利用してきた看護師転職サイトの中でも、おすすめの10選をご紹介します。

ぜひこの中で、あなたに合う看護師転職サイトやアドバイザーを選んで、ぜひ看護師求人や助産師求人を探してみてください♪

おすすめの記事