【看護師から治験コーディネーターへ!】転職成功のためのマニュアルガイド

この記事はプロモーションを含みます。

今看護師で働いている方は、次のキャリアアップを考える時にどんな選択肢がありますか?

今、過去のコロナ事情から医療業界で注目されている職種が「治験コーディネーター」なんです。

治験コーディネーターは簡単に言うと、新薬の開発に関わるお仕事です。

この記事では、看護師の次のキャリアアップで治験コーディネーターを考えている方に向けてまとめました!

この記事でわかること
  • 治験コーディネーターの特徴や働き方
  • 看護師スキルや経験がどんな役に立つか
  • 治験コーディネーターの求人の探し方

治験コーディネーターに必要なスキルや資格、転職成功のコツから注意点まで、詳しく解説しています。

今、注目されている治験コーディネーターとして新たな一歩を踏み出したい方へ。

この記事が、看護師から治験コーディネーターになるための参考になれば幸いです♪

この記事を書いた「てんこ」です

看護師歴10年以上の現役看護師
看護師転職歴は4回
転職で「残業ほぼなし」「手取り30万円以上」の職場に出会う
看護師さんが看護師転職に失敗しないための有益な情報を発信中!

目次(タップしてとべるよ)

看護師から治験コーディネーターになる理由って?

治験コーディネーターに転職する理由って?

看護師として働いていると、病院やクリニックへの看護師転職が一般的ですよね。

その中でも、治験コーディネーター(CRC)への看護師転職は、専門的な知識や経験を活かしながら働けるお仕事です。

ここでは、看護師から治験コーディネーターの働き方や、必要な知識などをまとめました!

【治験コーディネーターへの転職理由】キャリアアップを目指す看護師の新たな道

看護師から治験コーディネーターへの転職は、医療従事者としての専門知識をより深めて、社会貢献ができるお仕事です。

治験コーディネーターでは、新薬の開発に直接関われるので、医療の進歩に貢献できます。

看護師資格を活かして、治験コーディネーターとしての新たなキャリアップも目指せます。

治験コーディネーターは、薬を必要とする患者さんへの意義あるお仕事ですね!

【治験コーディネーターへの転職理由】専門知識の習得と社会への影響

治験コーディネーターは、臨床試験の進行具合を管理して、試験参加者のケアを担当します。

これには、治験コーディネーターとして以下の知識とスキルが必要です。

必要な専門知識とスキル
  • 試験プロトコルの理解
  • データ管理
  • 患者さんとのコミュニケーション力
    etc

リスク管理やコミュニケーション能力は、看護師さんなら得意ですよね。

ですが、治験コーディネーターとして成長するには、他にも研修や資格が必要になります。

【治験コーディネーターへの転職理由】年収アップと職場環境の改善

看護師さんが治験コーディネーターへの転職を考える理由に、お給料や働き方の違いがあります。

治験コーディネーターは、高い専門性が必要なので、看護師としてのスキルや経験を活かせながら年収などのアップも目指せるんです!

また、治験コーディネーターは病院と違ってシフト勤務ではなく、残業も少なめでお休みも取りやすいです。

治験コーディネーターは、仕事とプライベートのメリハリもしっかりつけながら働くことができます♪

治験コーディネーターの役割とは?

治験コーディネーターの役割って?

治験コーディネーターは、新薬や治療法の臨床試験をスムーズに進めるための役割があります。

治験コーディネーターの主な役割は以下があります。

治験コーディネーターの役割
  • 臨床試験の計画や実施
  • データの収集・分析
  • 報告書の作成
    etc

治験コーディネーターは、臨床試験開始から終了・結果報告まで関わります。

薬の情報や試験参加者の管理にミスがないように注意・管理する能力も必要ですね!

そのため、治験コーディネーターのお仕事は、試験参加者の安全や権利などを守りながら、専門性や厳密性をもって行われます。

【治験コーディネーターの役割】臨床試験の管理と患者サポート

治験コーディネーターの主な業務の一つは、日常的な臨床試験の管理です。

この臨床試験の管理には、以下の業務が含まれます。

臨床試験の管理内容
  • 試験参加者の応募・管理
  • スクリーニング
  • 試験参加の同意取得
  • 試験実施に関わる業務の調整・管理
    etc

治験コーディネーターは、試験参加者の応募から臨床試験業務の管理・実施まで行います。

試験後のトラブルや、試験参加者の間違いなどがないように注意する必要がありますね。

また治験コーディネーターは、臨床試験にあたって以下のようなサポートが必要です。

臨床試験に必要なサポート
  • 試験参加者がプロトコルに沿った治療ができる
  • 副作用や治療結果に関するモニタリング
  • 臨床試験後の参加者へのケア

治験コーディネーターは、試験参加者の不安感やストレスを減らす心がけが大切です。

治験コーディネーターは、開発業務だけでなく試験参加者の理解、安心して臨床試験に参加できるためのサポートやケアが求められます。

【治験コーディネーターの役割】医薬品開発における重要性

治験コーディネーターの役割は、医薬品開発の過程で大切な役割があります。

新薬が世に出るには、安全性と有効性を科学的に証明される必要がありますが、これは臨床試験の中で行われます。

治験コーディネーターは、これらの過程をスムーズに進めるために以下の役割があります。

新薬が世に出るまでの過程での役割
  • 試験プロトコルの遵守
  • データの正確な収集と管理
  • 規制特局への的確・適切な報告
    etc

一つでもミスがあれば、重大な医療分野のミスとして問題になります。

ですが、治験コーディネーターがこの過程の役割を果たすことで、必要な患者さんのもとへ必要な薬が届けられることになるんですね♪

てんこ

反対に治験コーディネーターがいないと、お薬の開発や進歩が遅れるということです。
患者さんの命を救う、医療の発展に貢献することは看護師と同じ想いですよね!

治験コーディネーターに必要なスキルと資格とは?

治験コーディネーターに必要なスキルと資格とは

看護師から治験コーディネーターへの転職は、看護師の専門知識やスキルを活かしながら新しい分野で働ける機会でもあります。

ですが、治験コーディネーターとしてスキルアップをするには、必要な知識や資格があるんです。

治験コーディネーターに必要な資格を取得することで、お給料や昇給額アップも目指せます!

ここでは、治験コーディネーターとして専門性を深めるには、どんな知識やスキルが必要なのかまとめました。

【治験コーディネーターに必要なスキルと資格】看護師からスムーズに転職するためのスキルセット

看護師から治験コーディネーターとして働くには、以下のスキルが必要です。

治験コーディネーターに必要なスキル
  • 薬や解剖学などの臨床知識
  • 臨床試験の過程や医薬品開発への理解
  • データ管理能力
  • プロジェクトの企画・管理
    etc

これらの他に、医師や研究者、試験参加者との円滑なコミュニケーション力も大切です。

新薬開発は人体への変化・影響に注意しつつ、何度も実験を行いデータ収集を行います。

そのため、看護師としてのスキルや経験は、患者さんのリスク管理やケアに役立ちます。

看護師としての臨床知識やコミュニケーション力に加えて、開発業務への理解が深まることで、治験コーディネーターとしてのスキルが高まりますね!

【治験コーディネーターに必要なスキルと資格】臨床知識の活用と学び直しのポイント

看護師から治験コーディネーターへ転職した場合、看護師スキルとは別に臨床試験に必要な知識やスキルを学ぶ必要があります。

以下に、臨床試験への活用と必要な知識を学ぶポイントをまとめました。

これらのポイントについて、さらに解説していきます。

治験コーディネーターを目指す看護師さんはぜひ参考にしてくださいね。

看護師としての知識をベースにする

看護師としての臨床経験は、治験コーディネーターへ転職してもそのまま活かせます。

治験コーディネーターにも、試験参加者へのケアや処置、医療チームとの連携、臨床試験への認識が必要です。

看護師としての経験値があれば、これらの業務への取り組みにも信頼感が大きいです。

また、新たな臨床知識の獲得にも看護師としてのベースがあれば理解も早いはずですね!

新しい知識への理解

治験コーディネーターには、臨床試験のプロトコル作成、データ管理、規制遵守など専門の知識とスキルが必要です。

治験コーディネーターとしてスムーズに業務を行うには、これらの学びが必要です。

臨床試験結果のデータ管理などは、看護師業務に関わりが少ないものです。

実際に開発業務に取り組みながら、理解を深めていくことが大切です!

継続的な知識のアップデート

医療に関する情報は、常に進化しています。

看護師と同じく、最新の治療法や研究結果の理解や知識を深めることは常に求められます。

最新の情報は、オンラインセミナーへの参加や文献資料を参考にしましょう。

新薬開発などは、日々の新しい情報をベースに取り組まれるので、学ぶ姿勢は大切にしましょうね!

臨床を通してのフィードバック

治験コーディネーターも看護師と同じく、臨床でしか得られない知識もたくさんあります。

治験コーディネーターは、研究とデータからの情報をもとにトライ&エラーを繰り返します。

その中で、試験参加者の状態や薬に関する知識などを深めていきます。

看護師としての経験があれば、臨床での経験がどれだけ大切なのかも理解できますよね♪

【治験コーディネーターに必要なスキルと資格】必須な資格と取得方法

治験コーディネーターとして働くには、看護師資格のように特定の資格は必要ありません。

ですが、治験コーディネーターとしての専門性を証明する資格を取ることは、転職するうえでも有利になります。

例えば、治験コーディネーターが取得できる資格は「臨床試験コーディネーター認定試験」があります。

さらに、GCP(Good Clinical Practice)研修など、臨床試験に関する研修も受けると、より治験コーディネーターとしての理解も深まりますよ。

【看護師から治験コーディネーターへ】新しい一歩を踏み出す方へ

治験コーディネーターとして新たな一歩を

看護師から治験コーディネーターへの転職は、医療従事者としてのキャリアップや職場環境を変えたい方にはおすすめなお仕事です。

治験コーディネーターとして必要なスキルは以下があります。

治験コーディネーターに必要なスキル
  • 臨床試験管理や患者さんのケアに必要な知識
  • 医薬品開発の重要性・課題などの理解
  • 専門性を深めるスキルや各資格の取得
    etc

また、治験コーディネーターは、最新の医療情報のアップデートや、必要な知識の学びも求められるお仕事です。

ですが、看護師と同じくこれらのやりがいが患者さんの命を助ける新薬の開発につながります。

治験コーディネーターは、開発業務を通じて、患者さんや医療業界への貢献度が高いお仕事と言えますね!

【治験コーディネーターの求人を探すなら】看護師転職サイトを使ってみよう!

治験コーディネーター求人は看護師転職サイトで

治験コーディネーターというお仕事は、看護師に比べると求人数が多くないんです。

2024年4月時点での全国のハローワークにある治験コーディネーターの求人数は331件です。

(参照:ハローワークインターネットサービス)

つまり、あなたの地域にあるハローワークには治験コーディネーター求人が少ないケースがあるんですね。

ですが、看護師転職サイトならそんな不安を解決できるメリットがあります!

治験コーディネーター求人を探すうえで、看護師転職サイトがおすすめな理由がこちらです。

以下に一つずつ解説しているので、あなたが治験コーディネーター求人を探すときの参考にしてください♪

看護師求人が何万~何十万件と多い

看護師転職サイトは、看護師さんの転職を専門としているので看護師求人が何万~何十万件と豊富にあります。

ですが今回、看護師転職サイトにある治験コーディネーターの具体的な求人数はわかりませんでした。

そのため、一つの看護師転職サイトだけだとあなたにぴったりの治験コーディネーター求人が見つかりにくい可能性があります。

そこで、わたしがおすすめする助産師求人の探し方は、2~3個の看護師転職サイトに登録してアドバイザーに紹介してもらう方法です!

調べられる看護師転職サイトと求人数が多いほど、理想の職場に転職できるチャンスも高くなるということですね!

アドバイザーが条件に合う求人を紹介

看護師転職サイトに登録すると、担当アドバイザーがあなたの希望条件に合う看護師求人を提案してくれます。

何万件とある看護師求人の中から一人で探すとなると、とても大変な作業です。

ですが、看護師転職サイトではあなたの希望条件をヒアリングしたアドバイザーが、おすすめの看護師求人を見つけて提案してくれるんです!

あなたは、お仕事で忙しくてもただ待っているだけでOKなんです♪

完全無料で面倒な作業も全てサポート

看護師転職サイトへの登録は完全無料です。

ですが、看護師転職サイトのアドバイザーは転職開始から入職、アフタフォローまで全てサポートしてくれます!

看護師転職サイトのアドバイザーがサポートしてくれる内容は以下があります。

アドバイザーのサポート内容
  • 希望条件に合う看護師求人の紹介
  • 履歴書添削や面接対策のお手伝い
  • 転職先の内部情報が事前に知れる
  • 転職先との給与・働き方の条件交渉
  • 転職後のトラブル対応などのフォロー

ハローワークなどと違って、看護師転職サイトでは転職のプロがパートナーになってくれて、あなたの変わりに全てサポートしてくれます。

このように、看護師転職サイトでは、利用する方の負担を減らしながら、看護師転職が成功するためのサポートが盛り沢山ですよ♪

実際に転職をした人のリアルな声が知れる

看護師転職サイトには、実際に転職をした看護師さんの評価や口コミも知れるんです。

リアルな評判や転職後の声は、ネットにはない貴重な情報ですし、信頼性も大きいです!

きっとあなたがコールセンターへ転職するときのヒントにもなります。

看護師転職サイトに登録しないと知れない情報なので、この機会にぜひ参考にしてみてね♪

転職せずに、看護師求人を探すだけでもOK

看護師転職サイトは、看護師転職をする予定がなくても登録しても大丈夫です!

また、以下の目的でも看護師転職サイトは利用できます。

看護師転職サイトの使い方
  • どんな看護師求人があるのか調べたい
  • アドバイザーに看護師転職の相談をしたい
  • 看護師転職をした看護師さんの声を聞きたい

看護師転職サイトは登録も退会も無料なので、「今は、看護師転職に興味がないけど、とりあえず情報だけ集めておきたい」という方でも、お試し感覚で使ってみてね♪

そこで、わたしがこれまで利用してきた看護師転職サイトの中でも、おすすめの10選をご紹介します。

ぜひこの中で、あなたに合う看護師転職サイトやアドバイザーを選んで、ぜひ看護師求人や助産師求人を探してみてください♪

おすすめの記事